活用事例

インフレーションフィルム成膜工程の温度ムラと形状監視

課題

バブル形状の管理は目視と、経験に基づいたチェックのみ。オペレーター間で個人差が出てしまうのを何とかしたい。
工場内の​空調システム等による影響が気になってはいたが、温度ムラの監視システムで使い勝手が良いものがなかなか見つからない。

EKモデルの熱画像でデータを可視化。

  • バブルの温度ムラ

  • バブルの形状

バブル形状の異常判定基準を明確可

フィルムの形状と温度を数値化。正常・異常判定の基準を数値で明確化。
温度ムラや、形状の異常を検知したらすぐに警報(メッセージ)で通知。製造不良を早期発見して製造ロスを減らしました。
フィルムの形状と温度を数値化。正常・異常判定の基準を数値で明確化。
温度ムラや、形状の異常を検知したらすぐに警報(メッセージ)で通知。製造不良を早期発見して製造ロスを減らしました。

効果

検査レベル

均質化

​検査技能

継承

人手不足

​解消

目視と経験に頼っていたバブル形状の管理。課題だったオペレーター間の個人差を大幅に解消!

 (C) Futec Inc.

株式会社ヒューテック MVD事業部

香川県高松市林町1217番地

TEL 087-867-8697(直通)

TEL 087-867-8691(代)

FAX 087-865-7250