• ヒューテック

非接触検温システムを作ってみました。

最終更新: 7月3日

社内で要望があり、SMART HUNTER-IR EKモデルで簡易的な入館者チェックシステムを作ってみました。


赤外線カメラで体温を正確に計測することは難しいですが、きちんと調整することで、高めの体温を検知し、音や光で通知することができます。


さっそく同僚にモデルになってもらい、調整具合をチェックしてみました。























平常体温の状態です。保存モード(異常時の画像)の時、緑のランプが点灯します。













つぎに38~39℃のホット缶コーヒーを持ってもらい、赤ランプの点灯を確認しました。

(同時に音でもお知らせできます)












今回作ってみたものは、今ある機能の組み合わせで作ったので、「非接触検温システム」としてすぐ販売できるものではないですが、それなりに使えるものができたと思ってます。

なお、赤外線カメラでの非接触検温はあくまで簡易的なチェックとなります。

弊社では現在、ご来客の方を含めた皆さまに入館の際には非接触体温計を使った検温をお願いしております。


しかし、入館者が多く、検温を一人ずつにお願いするのが難しい場合、まずはこのように体温が高めと思われる方をチェックさせていただき、その方のみ、非接触体温計で検温してもらう、という使い方ができるのではないかと思っております。 もしこちらのシステムにご興味をお持ちいただけましたらお気軽にお問合せください。


お問い合わせフォームは こちら 株式会社ヒューテック

Copyright © 2015 FUTEC INC. All Rights Reverved

TEL 087-867-8697(直通)

TEL 087-867-8691(代)

761-0301 香川県高松市林町1217番地

株式会社ヒューテック

特命販売推進室